多良峡の紅葉

多良峡は、牧田川を足元に待ち望む全長2.5キロメートルほどの峡谷で、山野が赤やイエローに良く紅葉やる雄大な風景が楽しめます。

多良峡をモミジの聖地にという意思から、モミジの植樹没頭などが続けられ、大切に育てられ、その収穫あって今では紅葉の聖地として秋には多くの人が訪れます。

つり橋や遊歩道も整備されていて、ゆっくりと散策しながら紅葉狩りが遊べるスポットになっています。

渓谷にかかるつり橋といった、足元に洩れる可愛い牧田川、そして数量千に及ぶ紅葉が相まって、何とも息吹を飲むほどの絶景だ。
つり橋から風景を観るのもいいですが、牧田川側に降りて見分けるのもおすすめです。
清流に映えるケヤキやコナラなどの紅葉をグングン身近に楽しむことができます。

とりわけ、長彦神社周辺の紅葉は、殊更鮮やかに色づくと言われています。
散歩の途中に正邪立ち寄ってください。

また、近くには豊かな自然に囲まれた多良峡森林公園があり、春には木々が芽を吹く新緑を、夏はキャンプやバーベキュー、水遊びが遊べるポイントとして人気があります。
秋になると園内に植えられたカエデや渓谷をくるむ山野が赤く染まり、冬には白と黒の対比が良い水墨図説ものの世界中につつまれます。
牧田川のせせらぎといったその周りの自然によって、四季時としての大自然の美しさを感じることができます。

例年11ひと月上旬から11ひと月中旬が紅葉の見ごろとなっています。

飛騨・美濃紅葉33選にも臨めるほどのこういう風景を一度は訪れてみたいものです。こちら。